トップページ >  会社概要

会社概要

会社名 株式会社 丸信製作所
代表者 代表取締役社長 小濱純志
所在地 <本社>
〒385-0062 長野県佐久市大字根岸3561map
TEL 0267-62-5111(代表)
FAX 0267-62-0097<ベトナム法人>
MARUSHIN SEISAKUSHO VIETNAM Co.,Ltd.
B2,Road B2, B Sec, Pho Noi A Industrial Park,
Van Lam, Hung Yen, Viet Nam
資本金 1,000万円
従業員数 155名 (男128名 女27名)
主要取引先 日野自動車株式会社
株式会社ソーシン
日立Astemo株式会社
三輪精機株式会社
古河ユニック株式会社
SMC株式会社
明治産業株式会社
株式会社ファインスティールエンジニアリング
事業内容 S45C等のシャフト類10φ~60φ長さ600mmまでの機械加工
熱処理及び研磨仕上げまでを加工しています。
主要設備 ・NC 56台(森精機・オークマ・タキザワ)
・MC  17台(オークマ・紀和・OKK)
・センターレス 20台(ミクロン・日平・日精)
・NC円筒研磨 10台(三菱重工)
・熱処理設備(高周波焼入れ機 7台・焼入れ炉 他)
特徴 ・炭素鋼S45C、SCM435等、丸棒を主体に加工を行っています
・表面処理は外製ですが、亜鉛メッキ・硬化クロームメッキ・カニゼンメッキ・ダクロメッキ)又はジオメット処理まで手配できます
・外径仕上げアラサRa0.025まで仕上げています
・多品種少量生産を得意とし、小ロット品(50~1,000本/月)も対応しています                                 ・大量製品については、鍛造メーカーに依頼し、鍛造品での設定もご相談に乗ることができます
 

主な沿革

昭和21年 8月 丸信銅器製作所を高橋晋三郎が野沢町に創業
昭和25年 8月 株式会社に改組 疎開工場の機械を譲り受け
自動車部品の加工を始める当初浸炭焼き入れを行う
昭和38年 6月 日野自動車㈱の協力工場となるスプリングピンを納入 順次アイテム増加
昭和45年 4月 高周波焼入れ装置を導入
昭和47年 6月 岸野に工場用地を取得
昭和52年 7月 (株)小松製作所の熱処理認定取得
昭和61年 1月 東急車輌製造(株)の熱処理認定取得
昭和61年 5月 岸野第二工場建設ロッカーシャフト加工始める
平成元年 6月 現住所に全社移転
平成 3年 9月 インドネシアP.T.GARUDA METAL UTAMAとS/P技術提携(技術供与)
平成12年 7月 ISO9001を取得
平成14年 1月 新三菱キャタピラーの熱処理認定を取得
平成16年 6月 ISO14001を取得
平成28年 3月 第4工場完成
平成29年 9月 日産自動車㈱向けリンクピン生産開始
令和元年 10月 ベトナム法人設立
 

ISO

<経営理念>

1.日々を明朗に好調融和して過ごそう。
2.常に清潔整頓に心掛け居心地良い職場を築こう。
3.創意工夫を怠らず、且つ心のこもった仕事をしよう。
4.会社の発展を図り自己の生活の向上を期そう。
5.職場を通じて社会に貢献しよう。

 

<経営方針>

私たちは顧客とともに、グローバルな競争社会に積極的に対応し、透明で信頼される国際的水準の会社を作ります。

 

<品質方針>

基本理念
顧客の要望に応え、不良を出さない、流さない、納期で信頼を得る、会社作りを目指します。

品質方針の徹底
ISO9001に基づく品質システムを構築して、社員一人一人の責任を明確化し、品質マニュアルに具体的な手順を示し、組織のすべての階層(会社員)が品質マニュアルを順守し、決めたことを守り改善する体制作りをします。

行動指針
1.品質マネジメントシステムを維持向上させるため、内部監査を実施し継続的に改善します。
2.品質方針を達成するため部門ごとの目標を決め、管理を実行します。
3.品質方針・部門目標を全社員に理解・徹底させる為に掲示します。
4.マネジメントレビューを原則、年2回実施します。
5.改善と教育訓練を行い、品質の向上を目指します。

 

<環境方針>

基本理念
株式会社丸信製作所は、地球環境の保全が人類共通の課題であることを認識し、その環境改善を経営の最重点課題の一つと位置付け、自動車保安部品の専門メーカーとして、人と社会に優しい環境作りを目指します。

行動指針
1.環境側面を評価し、効率の良い生産活動により、省エネルギー・省資源を計り、リサイクル活動・コスト削減を推進します。
2.継続的な改善を行い、汚染を予防し、環境保全の管理の維持向上に努めます。
3.環境保全に関する法律、条例等及び当社が同意するその他の要求事項を順守します。
4.環境目的及び目標を定めて環境保全活動に取り組み、その見直しを実施します。
5.この環境方針は、全社員に周知させるとともに、ホームページ等で一般に公開します。

 

令和元年 6月 1日
株式会社 丸信製作所
代表取締役 小濱 純志